仲川輝人「皆さんにも元気を分けたい」。マリノスがオンライン練習公開、18日には選手企画でイベントも

2020年04月13日(Mon)19時16分配信

photo Yokohama F.Marinos
Tags: , , , , , , , , ,

仲川輝人
【写真:横浜F・マリノス】

 横浜F・マリノスは13日、チームで行なっているオンライントレーニングの模様をメディア向けに公開した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 シスコシステムズ社が提供しているWeb会議システム「Webex」を使用したトレーニングには、負傷のためブラジルに帰国中のチアゴ・マルチンスを除く27選手が参加。田中章博コンディショニングコーチの指導のもと、約1時間半にわたって汗を流した。

 トレーニング後、愛犬とともにオンラインでの取材に応じたFW仲川輝人は「チーム一緒になってできているのはいいことかなと思いますし、こういう機会で最善のできることをやるしかないなと捉えています」と前向きに語った。

 画面越しではあるものの、チームメイトたちの顔が見える状態での練習に「そこまで心拍数が上がるトレーニング、走りとかはできないですけど、筋持久力を高めることはできる」と新鮮さとともに手応えを感じているようだ。

 とはいえ「こういう状況になってしまって仕方ないという気持ちはありつつ、(リーグ中断が)ちょっと長すぎるので不安な気持ちもありますし、今までキャンプから作り上げてきたフィジカル面が落ちるのは不安です」と、素直な気持ちも吐露する。

 新型コロナウィルスへの感染を防ぐため、チームで集まることはできず、外出も極力控えなければならない。「家にずっといると頭痛くなっちゃいます」という仲川も、チームでのオンライントレーニング以外の時間は愛犬と戯れたり、映画を見たり、過去の試合映像を振り返ったりなど、やれることが限られている状況だ。

 やはり「ボールを蹴りたい」「チームメイトと直接会いたい」という気持ちも募る。「他愛もない話をしたりとか、画面上でもできますけど、直接コミュニケーションをとりたいなというのが一番」と本音も漏れた。

 そんな中、選手からの発信でファン・サポーターとのオンライン交流イベントを企画中だ。すでにSNS上などで告知も始まっており、18日午後に開催が予定されている。

 仲川はそのイベントに向けて「自分たちも初の試み。うまくできるかわからないですけど、チャレンジしてみる価値はあるし、今の自分たちにできることだと思う。選手同士でいろいろな対決などをしたいと思っているので、ファン・サポーターの皆さんには自分たちの元気な姿も見てもらいたいと思いますし、皆さんにも元気を分けたい」と明るい表情で意気込みを語っていた。

【了】

新着記事

↑top