北海道コンサドーレ札幌、歴代最強外国籍選手5人。J1得点王からタイのメッシまで、曲者揃いの助っ人たち

2020年04月17日(Fri)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

タイのメッシ

0417Sapporo2018
2018年の基本先発メンバー



チャナティップ(タイ代表)
生年月日:1993年10月5日
在籍期間:2017年7月~現在
J1通算成績:92試合出場/13得点

タイのメッシと呼ばれ、タイ代表ではエースとして活躍するチャナティップ。2017年7月に期限付き移籍で札幌に加わると、3-4-2-1の2列目のポジションに定着した。得点こそなかったが、1年目からリーグ戦16試合に出場している。

18年7月には完全移籍が発表された。この年は三好康児やジェイ、都倉賢との前線ユニットで得点を量産。30試合に出場して8得点をマークしたチャナティップは、東南アジア出身選手としては初のベストイレブンに選出されている。

アジリティに優れ、体格で優る相手にもボールを奪われないボールキープ力を持つ。視野が広く、パスセンスに秀でるチャナティップは、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が目指す攻撃的なサッカーに不可欠な存在となっている。

【次ページ】パナマの怪人

1 2 3 4 5

新着記事

↑top