ブラジル代表、歴代ボランチの系譜。Jリーグのレジェンドや世界一の守備職人も…王国の中盤を支配せし者たち

2020年06月05日(金)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

フランスW杯(1998)、ドイツW杯(2006)

エメルソン ゼ・ロベルト
左からエメルソン、ゼ・ロベルト【写真:Getty Images】



ゼ・ロベルト
生年月日:1976年7月6日
個人成績(1998):1試合出場/0得点0アシスト
個人成績(2006):5試合出場/1得点0アシスト

プロデビュー当時は左サイドバックで、攻撃センスを買われて左サイドハーフやトップ下などでもプレーしていた。ブラジル代表では1995年にデビューを飾り、1997年と1999年にコパ・アメリカ優勝を経験している。だが、1998年のフランスワールドカップは1試合の途中出場、3分間のプレーにとどまった。

2002年の日韓ワールドカップはメンバー外。その後、ブラジル代表でボランチ起用が増え、2006年のドイツワールドカップではエメルソンとコンビを組んだ。43歳になった2017年まで現役を続けた鉄人だったが、ブラジル代表からは2007年に引退している。

ドイツワールドカップ後はサントスを経由してバイエルン・ミュンヘンに復帰し、ハンブルガーSV、カタールのアル・ガラファでプレー。2012年からはブラジルに戻ってグレミオやパルメイラスでも活躍した。自己管理の徹底ぶりもすさまじい職人肌のMFだった。

今でもSNSに投稿する動画などでムキムキの肉体美を披露しており、現役時代と変わらない体型を維持している。

【次ページ】エメルソン

1 2 3 4 5 6 7 8 9

新着記事

↑top