世界最高の左サイドバックは誰だ! LSB能力値ランキング11位~15位。マルセロを脅かす、レアルの新ピースとは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

2020年06月09日(Tue)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

15位:ドイツの大型レフティー

マルセル・ハルステンベルク
マルツェル・ハルステンベルクの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:マルツェル・ハルステンベルク(ドイツ代表/RBライプツィヒ)
生年月日:1991年9月27日(28歳)
市場価格:1750万ユーロ(約21億円)
今季リーグ戦成績:21試合出場/3得点2アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 29歳の若さで現役を引退した元ドイツ代表DFのマルセル・ヤンゼンを想起させる大型レフティー。4部リーグでのプレーを経験し、2011年に加入したボルシア・ドルトムントではトップチームで一度も起用されないなど苦労を重ねた選手であるが、2015年より所属するRBライプツィヒではその才能を開花させ、見事に定位置を確保。今季もクラブ史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)・ベスト8進出に大きく貢献するなど、印象的なパフォーマンスを見せている。

 そんなマルツェル・ハルステンベルクは、身長188cm・体重87kgというサイドバックとしては申し分ないサイズを誇っている。その恵まれた体躯を活かした「フィジカル」の強さは十分で、デュエルでは簡単に負けず、長い足を活かしたボール奪取の上手さも兼備。「空中戦」でも強みを発揮するなど、あらゆるタイプの攻撃手を無力化することを可能としている。サイドのみならずセンターバックやボランチとしてもプレーできる柔軟性も魅力的と言えるだろう。

 攻撃面では果敢な前線への飛び出しから決定的な仕事も果たすハルステンベルク。とくに左足から放たれるクロスの精度は抜群で、味方を活かす「パス」の安定感も十分だ。また、サイドに張るだけでなくハーフスペースを突く動きにも定評があり、場合によっては自らフィニッシュに持ち込むことも。「守備力」はもちろんのこと、「攻撃力」もサイドバックとしては十分なレベルにあると言えそうだ。

 一方で「スピード」と「ドリブル」などは凡庸。勢い任せな部分があり、やや判断力に欠けるなど「IQ」も高評価にはならず。今回は15位フィニッシュとなった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top