19/20セリエAワーストイレブン。「悪童」はやっぱり「悪童」、精神的な未熟さを露呈したのは?

ユベントスの9連覇で幕を閉じた2019/20シーズンのセリエA。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中で思ったような活躍を見せることができず、期待を裏切ってしまったのは誰なのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのセリエAワーストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

2020年08月04日(Tue)10時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

パウ・ロペス
【写真:Getty Images】

パウ・ロペス(スペイン代表/ローマ)
生年月日:1994年12月13日(25歳)
市場価格:1900万ユーロ(約22億8000万円)
今季リーグ戦成績:32試合出場/45失点


【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スペイン代表GKは、プレミアリーグ勢などからのオファーを断って昨夏ローマに加入。アリソンの抜けた穴を埋めきれなかったロビン・オルセンに代わる新たな正守護神として、大きな期待を背負った。

 しかし、結果的には非常に残念なシーズンになってしまったと言えるだろう。とくに、後半戦はパフォーマンスがまったく安定せず、危険な飛び出し等が見受けられるなど迷いのあるプレーに終始している。負傷離脱を強いられた影響も少なからずあるが、アントニオ・ミランテやダニエウ・フザートにポジションを譲ってしまったのは、第1GKとしていただけない結果と言える。

 自身が出場した試合でクリーンシートを果たせたのはわずか5回。データサイト『FBref.com』によるセーブ率は69.9%となっており、20試合以上に出場した選手の中では12位の成績であった。また、チームとしての総失点数「51」は上位10チーム中ワースト2位タイとなっている。もちろん、すべての責任がこの男にあるわけではないが、やはり物足りなさは残ってしまった。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top