川崎フロンターレを止めたのは名古屋グランパス!金崎夢生の一撃で上位対決制す

2020年08月23日(Sun)19時55分配信


Tags: , , , , , , , , , ,

20200822_grampusfrontale
名古屋グランパス、川崎フロンターレ

【名古屋グランパス 1-0 川崎フロンターレ J1第12節】

 明治安田生命J1リーグ第12節の名古屋グランパス対川崎フロンターレ戦が23日に行われ、ホームの名古屋が1-0で勝利を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 川崎FはJ1新記録となる同一シーズン中の10連勝を飾って首位を独走中。一方の名古屋も1試合が延期された状態で暫定3位に位置しており、川崎Fにとっては前節のセレッソ大阪戦に続いて直接のライバルとなり得る相手との上位対決となった。

 前半5分、川崎Fがいきなりのビッグチャンスを迎えるが2本の決定的なシュートを立て続けにDF中谷進之介がゴールライン上でブロック。2本目はラインを割ったかにも見えたが得点は認められなかった。

 名古屋もCKから立て続けに川崎Fのゴールを脅かすなど、両チームが積極的に攻め合う展開が続く。前半はそれでもスコアレスのまま折り返すかに思われたが、44分に均衡が破られることになった。

 ピッチを大きく使った名古屋の展開から、左サイドで受けたマテウスがゴール前に正確なクロスを入れると、中央で合わせたのは金崎夢生。強烈なヘディングで今季初ゴールを叩き込み、名古屋が1点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半開始から旗手怜央と大島僚太、61分から今季7得点の小林悠を投入するなど総力を尽くして反撃を試みる川崎Fだが、チャンスを得点に続けられない展開が続く。73分には公式戦5試合連続ゴール中だった三笘薫を負傷交代で失うことにもなってしまった。

 今季リーグ最小失点の守備陣で最後まで粘り強く耐え抜いた名古屋はそのまま1-0で勝利。川崎Fは今季初黒星で10連勝を止められる結果となった。

【得点者】
44分 1-0 金崎夢生(名古屋)

【了】

新着記事

↑top