セレッソ大阪が清武弘嗣先制弾などで2位キープ。横浜FCは3連勝でストップ

2020年08月30日(Sun)20時01分配信


Tags: , , , , , , , , , ,

セレッソ大阪
セレッソ大阪

【横浜FC 1-2 セレッソ大阪 J1第13節】

 明治安田生命J1リーグ第13節の横浜FC対セレッソ大阪戦が30日に行われ、アウェイのC大阪が2-1で勝利を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今節は1試合のみが日曜日の開催。J1でのクラブ記録を更新する3連勝中と好調な横浜FCが、前節時点で暫定2位に位置していたC大阪をホームに迎えた。

 前半14分には清武弘嗣のゴールでアウェイのC大阪が先制点を奪う。ペナルティーエリア内で高木俊幸からの横パスを受けると、対面のDFを冷静にかわしてGKの逆を突くゴール右隅にボールを送り込んだ。清武は2試合連続の今季3点目。

 その後も優勢に試合を進めつつ1点リードで前半を折り返したC大阪は、58分に追加点。カウンターから清武が左サイドの長い距離を持ち上がり、エリア内に侵入したところでこぼれたボールを奥埜博亮が繋ぐ。最後はブルーノ・メンデスが蹴り込んで2-0とした。

 6試合ぶりの出場となる中村俊輔らを投入して反撃を図る横浜FCも、終盤を迎えた86分に1点を返す。エリア内への縦パスを斉藤光毅が胸で落とし、松尾佑介がワントラップからゴール左隅への強烈なシュートを突き刺した。

 後半アディショナルタイムに猛攻を繰り出した横浜FCに同点のチャンスもあったが、2点目は生まれず。逃げ切ったC大阪が2連勝で2位を守った。首位川崎フロンターレより1試合を多く残して8ポイント差となっている。

【得点者】
14分 0-1 清武弘嗣(C大阪)
58分 0-2 ブルーノ・メンデス(C大阪)
86分 1-2 松尾佑介(横浜FC)

【了】

新着記事

↑top