1013IvoryCoast_getty3
【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間13日、オランダのユトレヒトでコートジボワール代表と対戦する。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 コートジボワール代表の歴史を振り返ると、ビッグクラブでも活躍したレジェンドたちがキャプテンマークを巻いてきた。2006年、10年のワールドカップと、2大会連続でキャプテンマークを巻いたのはディディエ・ドログバ。プレミアリーグ得点王を2度獲得したストライカーは、コートジボワール代表として84試合に出場し、57得点を挙げている。

 ドログバがスーパーサブで起用された14年のブラジルワールドカップでは、ヤヤ・トゥーレが腕章を巻いている。その他にもディディエ・ゾコラ、サロモン・カルー、ジェルビーニョといった中心選手たちがこれまで大役を務めてきた。

 現在のキャプテンはセルジュ・オーリエ。トッテナムでプレーする右サイドバックのオーリエは、ドログバやトゥーレ兄弟が去ったコートジボワール代表の主力となり、代表キャップ数は59試合に達している。

【了】

新着記事

↑top