98年、日本を震撼させたアルゼンチン代表5人、その能力値は? バティにサネッティ…日本代表を蹴散らした男たち

2020年10月29日(木)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

ハビエル・サネッティ

ハビエル・サネッティ
【写真:Getty Images】

DF:ハビエル・サネッティ(インテル/アルゼンチン代表)
1973年8月10日生(当時23歳)
97/98シーズン リーグ戦成績:28試合0得点
アルゼンチン代表通算143試合4得点
アルゼンチン代表での主な出場大会: 95年コパ・アメリカ、98年FIFAワールドカップ・フランス大会、99年コパ・アメリカ、02年FIFAワールドカップ・日韓大会、04年コパ・アメリカ、05年FIFAコンフェデレーションズカップ、07年コパ・アメリカ、11年コパ・アメリカ


【「プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)のダウンロードはこちらから!】

 完璧なサッカー選手を挙げるとするならば、このハビエル・サネッティが最も相応しいだろう。攻撃、守備、フィジカル、テクニック、知性、メンタルと全ての面において世界有数の能力を持っていた真の名手だった。

 日本代表と対戦した98年は23歳。まだ若いながらもインテルで不動の地位を築き、ディエゴ・シメオネとともにUEFAカップ制覇に大きく貢献。ラツィオとの決勝戦ではゴールを決める活躍を見せていた。

 能力値は全ての項目で高い数値を記録している。その中でも最高は「メンタル」。インテルファンからは“キャプテンの中のキャプテン”とも讃えられているように抜群の人間性でチームを支え、多くの人々に愛された。

 その他の項目を見ていくと、「守備力」「フィジカル」「テクニック」「IQ」で90弱の数値となっている。“トラクター”の愛称もあるように強靭な力強いパフォーマンスが特徴的であり、攻守両面で高い貢献が期待できるサイドバックだった。

 2014年まで続く長いキャリアの中でアルゼンチン代表としてW杯に出場したのはこのフランス大会と02年の日韓大会の2大会のみとなった。しかしそれはサネッティの問題ではなく、理解不能な理由で彼を選外とした監督たちに問題があったといえるだろう。

ガブリエル・バティストゥータやハビエル・サネッティ、ファン・セバスティアン・ベロンといったアルゼンチン代表で活躍した名選手たちが、スポーツ育成シミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)に登場!

公式PC
詳細は画像をクリック!

ガブリエル・バティストゥータ1
詳細は画像をクリック!

ガブリエル・バティストゥータ2
詳細は画像をクリック!

ファン・セバスティアン・ベロン1
詳細は画像をクリック!

ファン・セバスティアン・ベロン2
詳細は画像をクリック!

ハビエル・サネッティ1
詳細は画像をクリック!

ハビエル・サネッティ2
詳細は画像をクリック!

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top