ユベントス最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。新加入モラタが躍動、新監督ピルロが選ぶ11人は…

セリエAは7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、ユベントスの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

2020年11月11日(Wed)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

目次

GK
DF
MF
FW
フォーメーション

GK

1111Szczesny_getty
【写真:Getty Images】

ヴォイチェフ・シュチェスニー(ポーランド代表/背番号1)
生年月日:1990年4月18日(30歳)
20/21リーグ戦成績:4試合出場/4失点


【今シーズンのユベントスはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ユベントスでの4シーズン目を迎えたヴォイチェフ・シュチェスニーが今季も正GKを務める。昨季の43失点は9連覇中ではワースト記録だったが、リーグ最優秀GKに選ばれたことがシュチェスニーのパフォーマンスの高さを表している。監督経験のないアンドレア・ピルロ監督の下でチームは勝ち点を取りこぼしているが、シュチェスニーは最後尾から安定感をもたらしている。

 ジャンルイジ・ブッフォンは10月17日のクロトーネ戦で前人未到のセリエA650試合出場を達成。正GKと背番号1はシュチェスニーに譲ったが、42歳のレジェンドはピッチ内でもまだ貢献できることを証明している。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top