ヘラルド・マルティーノ監督
【写真:Getty Images】

 現地時間17日に日本代表対メキシコ代表の国際親善試合がオーストリアで行われる。この試合を前にメキシコ代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督が記者会見に臨み、対戦相手である日本代表の印象について語った。16日に米メディア『ESPN』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表とメキシコ代表は過去に5度対戦した経験があり、現在日本の4連敗中だ。最後に対戦した2013年6月のコンフェデレーションズ杯ではハビエル・エルナンデスに2得点決められ、岡崎慎司が1点を返すも1-2の敗戦を喫していた。

 今回は森保一監督がチームを率いてメキシコ代表と対戦する。マルティーノ監督は日本代表の印象について「私たちは非常にダイナミックなチームと対戦することになる。個々はとても優れたテクニックを持ち、前に出る時は規律だったプレーをしている。特にミッドフィルダーには、均衡を崩すことが出来る選手がいる」と語り、日本代表チームを称賛している。

【了】

新着記事

↑top