日本代表
【写真提供:日本サッカー協会】

【日本 0-2 メキシコ 国際親善試合】

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表は現地時間17日、オーストリア・グラーツで行われた国際親善試合でFIFAランキング11位のメキシコ代表と対戦している。

 前半は攻守両面で相手を苦しめ、何度かチャンスも作った森保ジャパン。しかし、それらの決定機を生かせぬまま後半へ向かうと、今度は一転してメキシコ代表にペースを握られてしまった。すると63分にラウール・ヒメネス、その5分後にはイルビング・ロサーノがゴールゲット。瞬く間にリードを広げられた。

 役者二人に仕事を与えた日本代表はその後、久保建英や浅野拓磨らを投入するが一矢報いることもできず。0-2の完敗を喫することになった。

 これで日本代表の2020年の試合はすべて終了。カメルーン代表、コートジボワール代表、パナマ代表、そしてメキシコ代表と対戦した4試合で2勝1分1敗という成績であった。この結果をカタールワールドカップ・アジア予選にどう繋いでいくことができるか注目である。

 さて、上記した4試合では様々な選手が起用された。その中で、森保一監督が考える現時点のベストメンバーは果たして誰なのか。年内すべての試合が終わったこのタイミングで、一度考えてみよう。

 GKのファーストチョイスはシュミット・ダニエルと権田修一が争う形だが、一歩リードしているのは後者か。ただ、この二人に関しては実力が拮抗している。現状は権田がベストだとしても、数試合で変わってくる可能性は否めない。

 右サイドバックは酒井宏樹がベストということに反対する人はいないだろう。センターバックに関しても吉田麻也と冨安健洋のコンビは盤石で、よほどのことがない限りこの二人の地位が崩れることはない。

 問題は左サイドバックだ。それまでは長友佑都が不動だったが、同選手は現在年齢による衰えを隠し切れなくなっているなど、ベストとは言い難い立場にある。となると、ベストメンバーに入るのは中山雄太になるだろうか。ただ、若く伸びしろはあるが、最終ラインの中ではやはり不安要素と言わざるを得ない。

 中盤底2枚の一角は10月、11月の親善試合で存在価値を証明した遠藤航がベストだろう。そしてその相方を務めるのは柴崎岳だ。日本代表の中で好パフォーマンスを示しているとは言い難いが、森保監督からの信頼はかなり厚い。ここも大きく崩れることはなさそうだ。

 左サイドハーフは日本代表の中でも経験値がある原口元気が現状ベストか。ただ、このポジションにはポルトで復調の兆しをみせる中島翔哉もいる。同選手が代表復帰し、ベストメンバーに再び名乗りを上げる可能性も否めない。

 トップ下には南野拓実と鎌田大地がいるが、現状ベストメンバーに名を連ねるのは前者の方だろうか。1トップとしては厳しいが、トップ下であればそれなりに存在感を示すことができる。とくに最前線の大迫勇也との連係面を考えれば、やはり南野が上回っていると言えるだろう。

 右サイドハーフは久保建英や伊東純也、三好康児、堂安律らがいるが、現状のベストは久保になるだろう。伊東は長い時間プレーするよりも、切り札として起用された方が持ち味は発揮しやすいのではないか。

 そして1トップはやはり大迫勇也だ。ここは日本の課題でもあるが、現状ブレーメン所属FWに代わるレギュラー候補は不在である。大迫をベストメンバーに選ばない理由は見当たらないだろう。

▽GK
権田修一

▽DF
酒井宏樹
吉田麻也
冨安健洋
中山雄太

▽MF
柴崎岳
遠藤航
久保建英
南野拓実
原口元気

▽FW
大迫勇也

【了】

新着記事

↑top