最高額のストライカーは誰だ? サッカー選手FW市場価値ランキング1~5位。マネ、ネイマールらを抑えたのは…【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いFWは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月13日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2021年01月14日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:スリーライオンズを担う点取り屋

ハリー・ケイン
【写真:Getty Images】

FW:ハリー・ケイン(イングランド代表/トッテナム)
生年月日:1993年7月28日(27歳)
市場価値:1億2000万ユーロ(約144億円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/10得点11アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アーセナルの下部組織でプレーしていたが、8歳のときに「少し太っていて体力がなかった」とし放出された。その悔しさをバネに、ワトフォードを経て11歳でトッテナムに加入。ノリッジやレスターなどへの武者修行を経験し、今や押しも押されもせぬトッテナムのエースへと成長を遂げた。

 欠点を探すのが難しいほど、あらゆる能力に長けたストライカーだ。利き足とは逆の左足からでも精度の高いシュートを放ち、188cmの体躯を活かして頭でもゴールを奪う。かつて2列目でプレーしていた経験が活きているのか、味方を生かす術も熟知しており、守備の貢献度も実に高い。

 昨年11月にはトッテナムでの公式戦通算200得点と、プレミアリーグ通算150得点を達成。クラブ通算得点は歴代3位の記録で、218試合での150得点達成はアラン・シアラー氏(212試合)とセルヒオ・アグエロ(217試合)に次ぐリーグ史上3番目の早さだった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top