鹿島、コパ・リベルタドーレスでも活躍中の28歳MF獲得へ。サントス会長が合意認める

2021年01月16日(Sat)17時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

ジエゴ・ピトゥーカ
【写真:Getty Images】

 ブラジル1部のサントスに所属するMFジエゴ・ピトゥーカは、J1の鹿島アントラーズへ移籍することが合意に達したとサントスのアンドレス・ルエダ会長が認めた。ブラジル『グローボエスポルチ』などが伝えている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サントスの不動のレギュラーとしてプレーする28歳のピトゥーカは、鹿島への移籍に向けた交渉が行われていることが11月頃から報じられていた。ルエダ会長は現地時間15日の会見で、その交渉が完了したことを明かしている。

「日本のクラブからピトゥーカへのオファーは金銭面で非常に好条件だった。提示された条件で交渉を終えた。保有権の50%を売却する。手放したくはなかったが、彼には人生の中で成長する権利があり、その時が来た」と会長は語った。

 サントスは南米のクラブ王者を決める大会であるコパ・リベルタドーレスで決勝まで進んでおり、ピトゥーカも先週行われた準決勝2ndレグのボカ・ジュニオルス戦で先制ゴールを挙げるなど主力として活躍中。ルエダ会長によれば、サントスは鹿島と交渉を行って大会終了までピトゥーカをチームに残すことを認めさせたとのことだ。パルメイラスとのブラジル対決となる決勝は今月30日に開催が予定されている。

 ブラジルメディアによれば、鹿島はピトゥーカの保有権50%の獲得に対して160万ドル(約1億6600万円)というオファーを11月に提示したが、その条件はサントスに断られた。その後金額を引き上げたオファーを提示したとされているが、具体的な金額は明らかにされていない。

【了】

新着記事

↑top