イタリア代表最高額ベストイレブン。市場価値で選出、首位ACミランから選ばれた2人とは?

そのシーズンに活躍した選手がベストイレブンとして選出されるが、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-3-3」の布陣に、最も市場価値が高いイタリア人選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月25日時点

2021年01月26日(Tue)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

0119Donnarumma_getty
【写真:Getty Images】

ジャンルイジ・ドンナルンマ(ACミラン)
生年月日:1999年2月25日(21歳)
市場価値:6000万ユーロ(約72億円)
20/21リーグ戦成績:18試合出場/19失点


【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 弱冠16歳でセリエAデビューを果たしたジャンルイジ・ドンナルンマは、ワールドクラスのGKへと成長している。名門ACミランの守護神としてこれまで公式戦200試合以上に出場しており、17歳でデビューを果たしたイタリア代表でも正GKとして活躍している。

 相対的に見るとGKは市場価値が低いポジションだが、ドンナルンマの市場価値はマルコ・ヴェラッティと並んでイタリア人最高額。今夏で契約満了を迎えるため、ビッグクラブも獲得を目指しているが、ミラン愛が強いドンナルンマは残留を希望していると見られている。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top