川崎フロンターレ、期待の新戦力5人。ブラジル産司令塔に高校日本一の右SBとは?

明治安田生命Jリーグの各クラブは、2021シーズンの開幕に向けて準備を進めている。昨シーズン覇者の川崎フロンターレは、8人の新加入選手を迎えた。今回フットボールチャンネルでは、新天地での活躍が期待される5人の新戦力を紹介する。

2021年02月08日(Mon)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

JFLから2年でJ1王者へ

0208Tono_getty
【写真:Getty Images】

FW:遠野大弥(とおの・だいや/背番号19)
生年月日:1999年3月14日(21歳)
前所属:アビスパ福岡
2020リーグ戦成績:41試合11得点

 昨シーズン、川崎フロンターレ加入とともにアビスパ福岡に期限付き移籍した遠野大弥は、1年で川崎F復帰を果たした。昨季はチームトップの11得点をマークし、福岡を5年ぶりのJ1昇格へと導いている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 静岡県出身の遠野は、藤枝明誠高校卒業と同時にホンダに入社し、社業の傍らHONDA FCでプレーしている。JFLで9得点を挙げた3年目、チームは天皇杯でベスト8に進出。遠野は北海道コンサドーレ札幌戦で2得点、徳島ヴォルティス戦でもゴールを決め、Jリーグ挑戦のチャンスを掴んだ。

 身長165cmと小柄だが、細かいタッチのドリブルで相手のDFを剥がしていく。アジリティに優れており、狭いエリアでボールを受けて素早いターンで前を向いてチャンスへとつなげていく。自身にとってはJ1初挑戦となるが、J1王者の攻撃陣のアクセントになる素質を秘めている。

【次ページ】フィジカル系MF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top