清水エスパルスの大好物クラブはどこ? J1相性ランキング1~5位。8戦無敗と得意にしているのは…

Jリーグでは数多くの激戦が繰り広げられてきたが、各クラブはどのような成績を残してきたのだろうか。今回は、清水エスパルスの各チームとの通算対戦成績から1試合あたりの平均獲得勝ち点を算出。それを基にしたランキングを紹介する。※現行ルールに合わせて勝(Vゴール含む)=勝ち点3、分=勝ち点1、負=勝ち点0で計算。並んだ場合は1:勝利数、2:得失点差、3:総得点で順位を決定。データは1993シーズン~2020シーズンまでのJ1リーグによるもの

2021年03月11日(Thu)6時00分配信

シリーズ:J1相性ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

5位:7連勝を達成

アビスパ福岡
アビスパ福岡

アビスパ福岡
平均獲得勝ち点:2.31
通算対戦成績:16試合/12勝1分3敗/31得点13失点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 清水エスパルスがJリーグカップを制した1996シーズン、Jリーグに昇格したアビスパ福岡と初めて対戦している。初対戦で清水は敗れたが、第28節では澤登正朗の2得点などで、3-1の勝利を収めている。

 清水はその試合を含めて福岡に7連勝している。98シーズンはアウェイゲームを3-0で制すると、日本平スタジアム(現・IAIスタジアム日本平)で行われた試合で攻撃陣が爆発。サントスや伊東輝悦などのゴールで6点を挙げて勝利した。

 2000シーズンは連敗を喫したが、以降は無敗が続く。今回の算出の対象外ではあるが、今季の第2節では11シーズンぶりにJ1の舞台で対戦。清水はカルリーニョス・ジュニオのゴールで先制すると、追いつかれた直後に中山克広のゴールで勝ち越した。しかし、試合終了間際のゴールで再び追いつかれ、勝ち点1を分け合っている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top