ファン・ヒチャン
【写真:Getty Images】

 今月25日に開催される日本代表との国際親善試合に向けた韓国代表メンバー24名が15日に発表された。欧州を含む他国でプレーする選手たちも招集されているが、新型コロナウイルスの影響で招集できなかった選手や、今後不参加となる可能性がある選手もいるようだ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 韓国サッカー協会(KFA)は日韓戦に向け、国外でプレーする選手たちが所属するクラブにリクエストを送って交渉中であることを先日明らかにしていた。15日に発表されたメンバーには、欧州からはトッテナムのソン・フンミンなど4人、またカタールのアル・サッドから2人、Jリーグクラブからも4人が名を連ねている。

 だが韓国『聯合ニュース』などが伝えたところによれば、ドイツのRBライプツィヒに所属するファン・ヒチャンについては、帰国後の隔離措置の例外適応についてクラブと現地当局との間で調整中だという。合意が得られなかった場合は不参加となる可能性もあると見込まれている。

 ボルドーに所属する元ガンバ大阪のFWファン・ウィジョは14日に行われたリーグアンのディジョン戦で2得点の活躍をみせたばかりだが、隔離措置の都合により招集できなかったようだ。ドイツ2部で上位を争うホルシュタイン・キールでレギュラーとして活躍するMFイ・ジェソンも、チーム内で新型コロナ陽性判定が出た影響で現在隔離を行っており招集は不可能だった。

 中国のクラブに所属する選手たちも当初の見込み通りメンバー外。多くの欧州クラブから注目を集めている北京国安のDFキム・ミンジェや、昨季のKリーグMVPであり全北現代から山東泰山へ移籍したMFソン・ジュンホも招集されなかった。

 14日に行われたアーセナル戦で前半に負傷交代したソン・フンミンについては今後の検査結果を待つようだが、英国メディアでは少なくとも2、3週間は離脱することになると予想されている。10日後の日韓戦に参加するのは難しいかもしれない。

【了】

新着記事

↑top