U-24日本代表のオーバーエイジ候補は誰に?東京五輪へ、アルゼンチンとの強化試合で見えた必要なピースとは…

2021年03月30日(Tue)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

遠藤、大迫、山根
【写真:Getty Images】

 U-24日本代表は26日と29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。日本は第1戦で0-1の敗戦を喫したが、第2戦では3-0の快勝。見事アルゼンチンにリベンジを果たした。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東京五輪のサッカー競技大会開催まで4ヶ月を切った。東京五輪までに行われる強化試合数は限られている。金メダルを獲得するためにもオーバーエイジ(OA:25歳以上)の選手の招集も必要になってくるだろう。東京五輪の登録メンバー18名中3名までがOAとして登録できるため、さらに競争が激化することが予想される。アルゼンチン代表との2試合を終えて、改めてU-24日本代表に必要なOA候補3選手を挙げていきたい。

 アルゼンチンとの2試合でゴールを決めたのは板倉滉と林大地の2選手。初招集の林はFWだが、29日の試合で2ゴールを挙げた板倉はDF(第2戦はボランチ)の選手だ。得点力アップのためにもA代表で活躍する大迫勇也を挙げたい。所属するブレーメンでは調子を落としている大迫だが、韓国代表戦では見事2アシスト。ゴール以外の面でも貢献できる。今回招集されたA代表メンバーの中で一番多くゴールを決めている選手だ。前で収められるキープ力も魅力だろう。

 2人目は遠藤航。冨安健洋を招集することを考えると、板倉をCBで起用し中山雄太をボランチに配置。A代表でも一緒にプレーしている遠藤とダブルボランチも組める。遠藤が中盤で刈り取り役となり、前にも顔を出せる。中山はバランスをとりながら、ビルドアップ時に効果的なパスを供給することができる。遠藤がいれば、ディフェンス面がアップし攻撃の時間もさらに増えるだろう。

 最後にOAに推したいのは韓国戦でA代表デビューを飾り、初ゴールを決めた山根視来だ。右サイドバックでは菅原由勢や原輝綺などがいるが、サイドバックでありながらも、ゴールを演出、さらに自らもゴールを決めることができる攻撃力は魅力的だ。これまで年代別の代表にも選ばれなかった山根に国際舞台を経験させるといった意味でも招集はアリかもしれない。

 スペイン代表ではセルヒオ・ラモス、エジプト代表ではモハメド・サラーなど現段階でビッグネームが候補に挙がる各国のOA。本田圭佑も東京五輪出場に意欲を見せているが、果たしてどの選手がOAに選出されるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top