バルセロナはタイトル獲得を義務付けられたスペインの名門クラブで、これまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手もいる。ここでは、2000年以降に加入した選手の中から、チームを大きく変えた選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

グアルディオラの下で覚醒! 新たな役割を確立した超攻撃的SB

0416DaniAlves_getty
【写真:Getty Images】

DF:ダニエウ・アウベス
生年月日:1983年5月6日(37歳)
移籍金:3550万ユーロ(約43億円)
在籍期間:2008年夏~16年夏
リーグ戦成績:247試合14得点67アシスト


【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 19歳のときにブラジルからスペインへと渡ったダニエウ・アウベスは、セビージャの主力に成長した。2008年夏にバルセロナに移籍。3550万ユーロ(約43億円)という移籍金は当時のDFとしては高額だったが、それが価値のある投資だと気づくことにさほど時間はかからなかった。

 アウベスが加入した08/09シーズンは、ペップ・グアルディオラが監督に就任した年でもあった。1年目から右サイドバックに定着したアウベスはチームの3冠(UEFAチャンピオンズリーグ、ラ・リーガ、スペイン国王杯)獲得の原動力に。その後も数多くのタイトル獲得に貢献し続けた。

 リオネル・メッシとの右サイドのコンビはバルセロナの得点源となった。高精度のクロスを放つだけでなく、ゲームメイク役も担う新たなサイドバック像を体現した。無尽蔵のスタミナはサイドを上下動するだけでなく、ペナルティエリアへと侵入するプレーにも活かされ、毎年のように2ケタアシストをマークしている。

 しかし、30歳を超えたあたりから契約問題が度々浮上し、16年夏には契約満了でチームを離れている。ユベントスやパリ・サンジェルマンでは怪我もあり、思うような活躍ができない時期も少なくなかった。しかし、サンパウロでは背番号10を着け、MFとして新境地を獲得。36歳のときに出場した19年のコパ・アメリカでは主将としてブラジル代表を優勝に導いている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top