ジェフ千葉、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~5位。首位は10番背負った韓国のエース。司令塔“マキ”は何位?

 29年目を迎えたJリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。ジェフ千葉でも、多くの外国人選手がクラブの歴史に名を残している。今回は、ジェフ千葉でプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

2021年04月18日(Sun)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:日本で長く活躍した長身FW

20210417_jef-5_getty
【写真:Getty Images】

バロン(ブラジル)
生年月日:1974年1月19日(47歳)
Jリーグ通算成績:58試合/30得点
在籍時期:1999-2000


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 1996年にブラジルから日本にやってきたバロンは、まずヴァンフォーレ甲府でプレー。その後、1999年から2年間ジェフでプレーした。

 身長186cmの大型FWは、1年目にJ1で17得点を記録してリーグの優秀選手賞を受賞すると、次のシーズンも13得点を挙げている。その後は清水エスパルス、セレッソ大阪、ヴァンフォーレ甲府、鹿島アントラーズ、ベガルタ仙台、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡と、日本のクラブを渡り歩いた。

 長い日本でのキャリアは現役引退後も役立っており、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、バスケットボール女子日本代表を通訳としてサポートした。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top