浦和レッズ、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~5位。首位はもちろんあのレジェンド。Jと欧州の架け橋ポンテは何位?

 29年目を迎えたJリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。浦和レッズでも、多くの外国人選手がクラブの歴史に名を残している。今回は、浦和レッズでプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

2021年05月08日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:元ドイツ代表の実力者

20210507_urawa-5_getty
【写真:Getty Images】

バイン(ドイツ)
生年月日:1960年9月26日
Jリーグ通算成績:68試合/25得点
在籍時期:1994-97


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ギド・ブッフバルトとともに1994年に加入したバインは、ブンデスリーガで300試合以上に出場した元ドイツ代表プレーヤーだ。

 1995年に18得点を挙げた決定力はもちろんだが、アシスト面でも大きく貢献。バインの正確なパスが、福田正博を得点王の個人タイトルに近づけたのは間違いない。

 実際、バインはブンデスリーガで3回のアシスト王に輝いた実績を持っている。浦和レッズの成長をアシストした一人だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top