札幌がA・ロペス2発で徳島に逆転勝利。湘南は連続ドロー止める白星【J1第13節結果】

2021年05月09日(日)17時01分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】

 明治安田生命J1リーグ第13節の試合が9日に各地で開催されている。15時キックオフのカードとしては2試合が行われた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ルヴァン杯も含めて公式戦6試合連続ドロー、11試合で2勝9分けと負けはしないが勝てもしない試合が続いていた湘南ベルマーレ。前節でリーグ7連敗を止める久々の勝利を挙げた大分トリニータをホームに迎えた。

 前半17分にはホームの湘南が先制。町野修斗が左サイドから上げたクロスは強風に押し戻され大きく曲がったが、足元にうまく収めた名古新太郎がワントラップからゴール右隅への鋭いシュートを蹴り込んだ。

 59分にはGK谷晃生のファインセーブとポストに救われて決定機をしのぐなどリードを守った湘南は、後半アディショナルタイムに交代出場のウェリントンがヘディングで決定的な2点目。リーグ戦4試合ぶり、公式戦7試合ぶりの白星を挙げることに成功した。

 徳島ヴォルティス対北海道コンサドーレ札幌戦は、前半終了間際のアディショナルタイムに徳島が先制。右CKからのクロスを垣田裕暉が頭で折り返し、最後は宮代大聖が触って押し込んだ。

 だが後半には札幌が反撃。56分には福森晃斗のクロスをジェイが頭で折り返し、アンデルソン・ロペスが今季10点目となるゴールで同点とする。さらに78分にも相手エリア内でボールを奪ったA・ロペスがGKをかわして豪快なシュートを叩き込み、得点ランキング単独首位に立つ11点目で逆転。札幌が2-1で逆転勝利を飾り、徳島は4連敗となった。

【了】

新着記事

↑top