日本代表対U-24日本代表の試合が3日に行われ、3-0で日本代表が勝利した。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

異例の“兄弟対決”。OA組はベンチスタートに

2021-6-3-Japan_U-24_JFA
【写真:日本サッカー協会】



――本日もよろしくお願いします。日本代表と対戦する予定だったジャマイカ代表のメンバーが揃わず、U-24日本代表と対戦することになりました。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「少し不思議な試合になる気がしますが、楽しみです」

――異例の形ですね。どのように試合を見ればいいのか……。

「ヨーロッパや南米であれば、U-24の選手は非常にモチベーションが高く、アグレッシブに臨むと思いますが、日本の先輩後輩という上下関係の文化ではどうなるでしょうか」

――U-24にはオーバーエイジ(OA)枠として吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航が入っていますが、3人ともベンチスタートとなりました。5日のU-24ガーナ代表戦を見据えてでしょうか。

「残念ですが、仕方ないですね」

――U-24は本大会メンバーの当落線上にいる選手が起用されている印象があります。

「それはそうだと思います。オリンピックが近づいているので、アピールできるチャンスは少なくなってきています。サムライブルーとの試合でインパクトが残せれば、間違いなく助かる」

――あっという間に日本代表が先制。コーナーキックから点が生まれています。橋本拳人がフリーで押し込みました。

「本当に練習試合みたいだね。マークが全然ついていなかった」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top