日本代表対決で「構成力の差」が出たポジションとは? 東京五輪を控えるU-24日本代表、チームとしての評価は…【西部の目】

2021年06月04日(Fri)9時00分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

日本代表対U-24日本代表が3日に行われ、3-0で日本代表が勝利した。急遽組まれたテストマッチで、日本代表が力の差を見せつけている。来月に東京五輪を控えるU-24日本代表はテスト段階ではあったが、日本代表との差も見えた試合だった。(文:西部謙司)

A代表の序列の変化はない

2021-6-3-Japan_U-24_JFA
【写真:日本サッカー協会】



 ジャマイカ代表の一部が来日不可となり、急遽組まれた“兄弟対決”はA代表が貫録をみせて3-0で勝利した。A代表は吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航がU-24に合流して不在、U-24は中1日でU-24ガーナ代表との試合がある。双方の事情から「いろいろ試せた」(森保一監督)というゲームになった。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 A代表のほうからチェックしてみよう。

 GKは前半がシュミット・ダニエル、後半が中村航輔。ミャンマー代表戦が川島永嗣だったので、次のタジキスタン代表戦はおそらく権田修一だろう。戦術的な課題であるビルドアップについては今のところシュミットが良いように見えたが、総合的に誰がファーストチョイスなのかよくわからない。

 吉田と冨安健洋のいないCBは植田直通、谷口彰悟のコンビでスタート。後半途中から植田と昌子源の元鹿島アントラーズのコンビになり、谷口をボランチに上げた。攻撃面で谷口の技術が光っていたが、次戦以降も競争は続く。

 ボランチは守田英正、橋本拳人のコンビ。橋本は先制点をゲットした。守田はミスもあったが随所に技術の高さをみせた。

 2列目のサイドは原口元気の右、南野拓実の左でスタート。途中で入れ替えている。どちらも左右できる。南野と鎌田大地のコンビネーションが良くなってきた。後半に伊東純也を左に置いたのは驚きだったが、坂元達裕が右なのでそうしたのか。浅野拓磨は持ち味の速さを発揮したがフィニッシュに課題を残した。1点とっているが最初のシュートを防がれている。坂元はほぼ見せ場なし。左の南野、右の伊東という序列は動かない。

 トップ下の鎌田は格の違いを見せて1ゴール。不可欠な存在になっている。1トップの大迫勇也も安定のプレーぶり。古橋亨梧は不完全燃焼、もう少し時間を与えたい。ここの序列も変化はない。

1 2 3

新着記事

↑top