酒井宏樹が考える「僕の役目」とは? 右サイドで圧倒的存在感も満足せず「完璧を求められる立場なので…」

2021年06月06日(Sun)12時14分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

酒井宏樹
【写真:Getty Images】



 U-24日本代表は5日、U-24ガーナ代表との国際親善試合で6-0の完勝を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 オーバーエイジ選手として先発出場したDF酒井宏樹は、右サイドバックのポジションで圧倒的な存在感を放った。ともに右サイドでプレーしたMF久保建英も「自分の一番近くには酒井宏樹選手がいましたけど、やはりモノが違うなと改めて思いました」と感心しきりだった。

 しかし、酒井本人は自らのパフォーマンスに満足していない。「コンビネーションの部分は問題なかったですけど、オーバーエイジとして、もっともっと、もう2アシストくらいできましたし、守備面では1回抜かれたので、1回も抜かれないように。そういう完璧を求められる立場だと思うので、まだまだ完璧を追求していかないといけないかなと思います」と気を引き締めていた。

 U-24世代の選手たちを超越するクオリティでチーム全体に安定感をもたらしたが、あくまで黒子役に徹していた姿も印象的だった。それこそが「僕の役目」だと酒井は語る。

「国内組、海外組にあんまり関係なくポテンシャルの高い選手たちが多いので、彼らのストロングポイントを出し続けられるようにするのが僕の役目だと思うので、逆に弱いところは僕が守る。そこが僕のストロングポイントだと思うので。

逆にテクニカルな部分だったり、僕の弱いところを彼らが持っている。それがチームだと思うので、それを高めていけるようにまずは(チームメイトの)特徴を覚えていかないといけないので、まずはそこを全力で1つひとつの練習に集中していきたいなと思います」

 U-24ガーナ代表戦でも前線のアタッカーたちを気持ちよくプレーさせるため、サポート役に回った。チームのストロングポイントである久保や堂安律ら攻撃陣のテクニカルな特徴を最大限に引き出すための酒井なりの考えだった。

「数的不利だとしてもボランチと協力して、僕ら2人で(相手)3人を止められれば、カウンターの時に一気にスピードアップできる。そういうことは試合前から話していましたし、なるべくサイドバックがサイドハーフを下げないように、(左の中山)雄太とも話していました」

 守備の意識は高かったが、「攻撃参加できるのであれば、機を見てしたい」と酒井は言う。今後、練習などを通して周囲との相互理解が深まっていけば、オーバーラップで右サイドを駆け上がる回数も増えるだろう。

「今日であればもう2個はアシストできたと思うので、あの(3点目の)オウンゴールで全然満足はできない。でもやっぱり自分の使命はディフェンスなので、しっかりチームを支えられるようにとは考えています」

 どんなに安定してハイパフォーマンスを披露していようと、さらに高いレベルを目指し続ける。頼もしすぎるオーバーエイジ選手がU-24日本代表のディフェンスラインを支えている。

【了】

新着記事

↑top