0615Murzaev_getty
【写真:Getty Images】



 日本代表は15日、カタールワールドカップアジア2次予選でキルギス代表と対戦する。日本代表は既に2次予選突破を決めているが、最終予選に向けた重要なテストの場となる。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 キルギスのホームで行われた2019年11月の前回対戦では、2-0で日本代表が勝利。南野拓実と原口元気がゴールを決めている。ただ、2点差での勝利は日本代表にとって初戦のミャンマー代表戦と並ぶ最少点差となっており、決して余裕のある展開ではなかった。

 キルギス代表の要注意人物は前線にいる。キャプテンマークを巻くミルラン・ムルザエフは背番号10を背負う。2次予選7試合すべてに出場するチームの大黒柱ともいえるストライカーだ。

 空中戦に強く、サイドで推進力を生むことのできるアタッカーで、右ウイングや2トップの一角でプレーすることになるだろう。日本代表がボールを持つ時間が長くなることが予想されるが、キルギス代表はボールを持てば素早くムルザエフに当ててくるだろう。吉田麻也と冨安健洋が不在のセンターバックがどう対処するかが重要で、サイドに流れた場合は酒井宏樹が不在のサイドバックが対応する必要に迫られる。

 11日のミャンマー代表戦ではハットトリックを達成。退場処分により相手が早い時間に1人少なくなったことも大きいが、チャンスがあれば確実に決めることのできる力は持っている。主力不在の日本代表にとっては、警戒しなければいけない選手の1人になるだろう。

【了】

新着記事

↑top