U-24日本代表は2試合の強化試合を終え、今月22日に東京五輪五輪本番を迎える。U-24ホンジュラス代表戦は3-1の勝利。金メダル候補との呼び声も高いU-24スペイン代表戦は1-1の引き分けとなった。そこで、今回は試合ごとに振り返り、この2試合のパフォーマンスを踏まえた序列をポジションごとに3段階で評価する。


GK

谷晃生
谷晃生【写真:Getty Images】

U-24ホンジュラス代表戦:谷晃生(フル出場)

 東京五輪メンバー発表後初の試合となったU-24ホンジュラス代表戦で正守護神に抜擢されたのは谷晃生。前半は攻められる時間がほぼなく、バックパスの処理などを無難にこなしていた。しかし後半、チームが押し込まれる中で判断ミスを犯し、失点。その後は相手に得点を許さなかったが、正守護神として悔やまれる結果となった。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

U-24スペイン代表戦:谷晃生(46分OUT)、大迫敬介(46分IN)

 強敵U-24スペイン代表戦でもスタメン起用されたのは谷晃生だった。U-24ホンジュラス代表戦では判断ミスから失点を招いたが、この試合ではラファ・ミルの強烈シュートをセーブし、クロス対応も問題なくこなすなど、安定したパフォーマンスを披露。得点を与えなかった。後半からは大迫敬介が登場。同選手は1失点こそ喫したが、ミケル・オヤルサバルの決定機を防ぐなど、東京五輪本大会に向け心配になるようなプレーではなかった。

GK査定

 谷晃生はU-24ホンジュラス代表戦こそ悔やまれる結果になったが、U-24スペイン代表戦で見事立て直した。この2試合での起用法を見ても、東京五輪で正守護神を担うことは確実だろう。また、U-24スペイン代表戦で途中出場した大迫敬介も強敵相手に奮闘。良い感触を得て東京五輪に挑めそうだ。鈴木彩艶は今回の2試合で出番はなく、やはり谷と大迫に次ぐ3番手という扱いになりそうだ。

A評価:谷晃生
B評価:大迫敬介
C評価:鈴木彩艶

【次ページ】DF

1 2 3 4

新着記事

↑top