久保建英の個人技で…U-24日本代表はほぼ完璧。一転、試合を怪しくさせた失策とミス【西部の目/東京五輪男子サッカー】

2021年07月23日(Fri)10時30分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

U-24日本代表は22日、東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・グループステージ第1節でU-24南アフリカ代表と対戦し、1-0で勝利している。丁寧なポゼッションを続けたU-24日本代表は久保建英のゴールでなんとか先制。ところが、リードしたあとの試合運びには課題を残している。(文:西部謙司)

丁寧なポゼッションとハイプレス

久保建英
【写真:Getty Images】

 スコアは1-0だが、内容的にはU-24南アフリカ代表を圧倒しての勝利だった。高温多湿の気候と中2日が続く東京五輪は試合運びがポイントになる。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前半は慎重すぎるぐらい丁寧にパスをつないで押し込み、そのままハイプレスで早期奪回する流れを作った。南アフリカは自陣からビルドアップしようとしていたが、U-24日本代表のハイプレスを外し切れず。上手く外せたときもスピードアップできずに押し返される展開が続いた。攻め手は裏へ落すロングボールだけになり、そこも吉田麻也、板倉滉が危なげなく回収。完全にU-24日本代表ペースになっている。その元になっていたのは丁寧なポゼッションだった。

 ボール保持を優先したのでゴール量産にはならないが、引かされると連続的なプレッシャーがかけにくいのは、大会直前のU-24スペイン代表戦でU-24日本代表が体験したとおりである。そして南アフリカはU-24日本代表のプレスを外しての効果的な前進ができないので、押し返す機会はほとんどなく、序盤ですでに試合の趨勢は決まっていた。

 あとはU-24日本代表がいつ得点するかだったが、ようやく71分に久保建英の個人技から決めることができた。

1 2

新着記事

↑top