Jリーグクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人。元アーセナルの天才が再び…メッシと共に期待されたあの男も

2021年07月30日(Fri)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

欧州では2020/21シーズンが閉幕し、夏の移籍市場が開幕。各クラブや選手は来る新シーズンに向け、着々と準備を進めている。その中で、1年以上、あるいは昨季限りで契約満了を迎え所属クラブがない状態となっている選手は多い。いわゆる“フリー”の男たちは移籍金がかからないため、もちろん日本のチームも触手を伸ばしやすくなる。そこで今回は、Jリーグのクラブも獲得が可能な5人のフリー選手をピックアップした。(市場価値は『transfermarkt』を参照)。

ロシアワールドカップ準優勝メンバー

マリオ・マンジュキッチ
【写真:Getty Images】

FW:マリオ・マンジュキッチ(元クロアチア代表)
生年月日:1986年5月21日(35歳)
市場価値:80万ユーロ(約1億円)
最終所属:ミラン(イタリア)
20/21リーグ戦成績:10試合出場/0得点0アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

母国クロアチアのクラブで着実に成長を遂げ、2010年にヴォルフスブルクへ移籍して欧州5大リーグ初挑戦。その後、バイエルン・ミュンヘン、アトレティコ・マドリード、ユベントスと名だたるビッグクラブでのプレーを経験した。とくにユベントスでは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で重宝され、チャンピオンズリーグ(CL)準優勝やセリエA制覇などに大きく貢献。2016/17シーズンのCL決勝で決めたオーバーヘッド弾は、今なお多くの人の記憶に残っていることだろう。

マウリツィオ・サッリがユベントスの新指揮官に就任した2019/20シーズンに出番を失い、2019年12月にカタールのアル・ドゥハイルへ移籍。その7ヶ月後に退団しそこから半年間フリーとなったが、今年1月にミランからオファーが届き欧州再挑戦を果たしている。しかし、イタリアの名門ではコンディションがなかなか上がらず、ピッチに立つ機会は限られた。結局、加入からわずか3ヶ月後の4月に退団を発表し、現在はフリーの身となっている。

最近ではインドのモフン・バガンACというクラブが獲得に興味を抱いており、選手本人もインドでのプレーを楽しみにしている…との話が出ていたが、これはどうやら単なる噂に過ぎなかったようで、具体的な動きはなかった。現時点で去就はまったく不透明となっているが、2018年ロシアワールドカップ準優勝メンバーの一人であるFWは、どのような決断をするのか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top