U-24フランス代表エース「2チームが強かった」 選手派遣拒否したクラブに批判も【東京五輪】

2021年07月30日(金)17時40分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

アンドレ=ピエール・ジニャック
【写真:Getty Images】



 U-24フランス代表のオーバーエイジ(OA)選手として東京五輪(東京オリンピック)に出場していたFWアンドレ=ピエール・ジニャックが大会を振り返るとともに、選手の派遣に応じなかったフランスの各クラブに批判的なメッセージを発した。自身の公式SNSでコメントを投稿している。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 フランスは東京五輪グループリーグで敗退し、すでに大会を終えた。初戦でU-24メキシコ代表に1-4の敗戦を喫し、続く第2戦ではU-24南アフリカ代表に4-3の勝利を収めたが、28日のグループ最終戦ではU-24日本代表に0-4で大敗。グループを3位で終え、決勝トーナメント進出はならなかった。

「全力を尽くしたが、グループの他の3チームのうち2チームが僕らよりも強かった。このチームのキャプテンを務められたことを誇らしく思う」とジニャックは述べ、チームメートたちやスタッフらへの感謝の思いを表している。

 24歳以下のベストメンバーを組むことができれば大会屈指のスター軍団となる可能性もあったフランスだが、各所属クラブの選手供出拒否により実現せず。一旦はクラブの合意を得ないまま発表した招集メンバーをその後変更するなど、選手選考に大きな問題を抱えて五輪に臨むことになっていた。

「五輪はまたとない体験だ。フランスの一部のクラブに好き勝手にさせていいものじゃない。2024年には意識が大きく変わって、ホームのフランスで金メダルを獲得できることを願いたい」とジニャックは各クラブを批判しつつ、自国開催となる次回のパリ五輪への期待を述べている。

【了】

新着記事

↑top