U-24日本代表を立て直せるのはこの男だけ! 失望感に包まれる敗戦、「メダルを取れないのは情けない」【コラム/東京五輪男子サッカー】

2021年08月04日(Wed)9時28分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子 photo JMPA,Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

U-24日本代表は3日、東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・準決勝でU-24スペイン代表と対戦し、延長戦の末に0-1で敗れた。死力を尽くして戦った選手たちの落胆ぶりは想像に難くない。しかし、6日に控える3位決定戦で雪辱を果たすためにチームを立て直せるのは、この男しかいないだろう。(文:元川悦子)

114分間耐えたU-24日本代表に生まれた一瞬の隙

2021-8-3-japan3_getty
【写真:Getty Images】



 3日夜に埼玉スタジアムで行われたU-24スペイン代表との東京五輪準決勝。U-24日本代表にとって悪夢の瞬間は、延長後半10分に訪れた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 始まりはヘスス・バジェホのスローイン。これを受けたミケル・オヤルサバルに対し、中山雄太と田中碧がマークに行ったが、わずかに空いたスペースに入り込んだマルコ・アセンシオにパスを通されてしまった。次の瞬間、無敵艦隊の背番号7は板倉滉との距離があるのを見逃さず、左足のシュートを選択。遠藤航もヘルプに行ったが、間に合わなかった。好セーブ連発の谷晃生も反応しきれず、日本は115分間守り抜いてきたゴールをこじ開けられてしまったのだ。

 三好康児が決定機を迎え、逆襲に転じたスペインがオヤルサバルの突破でゴール前まで詰め寄るという激しい攻防があった。その直後でU-24日本代表の反応が遅れたのは確かだ。そのわずかなスキを見逃さないのが、まさにトップ・オブ・トップなのである。

 キャプテンを務める吉田麻也は2011年から日本代表の主力として10年以上、世界と対峙してきた。2012年のロンドン五輪、2018年のロシアワールドカップでそうだったように、これでもかというほど壁にぶってきたが、またしても乗り越えることはできなかった。

1 2 3 4

新着記事

↑top