Jリーグクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人。サッカー史上最高の男がまさかの…無所属選手で断トツ人気なのは?

2021年08月08日(Sun)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

元エールディビジ得点王

ウィルフリード・ボニー
【写真:Getty Images】

FW:ウィルフリード・ボニー(コートジボワール代表)
生年月日:1988年12月10日(32歳)
市場価値:150万ユーロ(約2億円)
最終所属:アル・イテハド(サウジアラビア)
20/21リーグ戦成績:なし

 欧州初挑戦の場となったスパルタ・プラハで着実に成長し、2011年冬にフィテッセへ移籍。オランダの地では勢いがさらに加速し、2012/13シーズンには31得点をマークしてエールディビジ得点王に輝いている。その活躍が認められ、2013年夏には当時のクラブ史上最高額となる移籍金でスウォンジーへ加入。1年目からプレミアリーグ17得点を叩き出すなど、ここでも評価を高めることになった。

 そして2015年1月、マンチェスター・シティへの加入が決定。晴れてビッグクラブの一員となった。しかし、数々の実力者を揃えるシティでレギュラーの座を掴むには至らず、満足いく結果を残せぬまま2016年夏にストークへレンタル移籍。その翌年には古巣スウォンジーへ復帰している。しかし、ここでもかつての輝きを取り戻すことはできず、2019年冬にカタールへ渡り欧州の舞台から姿を消してしまった。

 その後、2019年夏から半年間無所属の状態を経験。昨年1月にサウジアラビアのアル・イテハドに加入するも、同年10月にクラブとの契約が終了し、そこから再びフリーの状態が続いている。そんな32歳のFWは現在、イングランド4部相当のニューポート・カウンティでトレーニングに励んでいるよう。最近ではオーストラリアや韓国のクラブからアプローチがあったと報道されていたが、再びピッチ上で躍動する姿を見る日はやって来るだろうか。

【次ページ】最恐FW

1 2 3 4 5

新着記事

↑top