Jリーグクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人。サッカー史上最高の男がまさかの…無所属選手で断トツ人気なのは?

2021年08月08日(Sun)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

一つの時代が終わった

リオネル・メッシ
【写真:Getty Images】

FW:リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
生年月日:1987年6月24日(34歳)
市場価値:8000万ユーロ(約96億円)
20/21リーグ戦成績:35試合出場/30得点11アシスト

 衝撃的なニュースが飛び込んできたのは日本時間6日のことだった。バルセロナは、クラブ史上…いや、サッカーの歴史上において最も偉大と言っても過言ではないリオネル・メッシの退団を発表したのである。メッシは今年6月末をもって契約が満了となり一時無所属の状態となっていたが、バルセロナと新契約を結ぶことがほぼ確実視されていた。しかし、ラ・リーガの定める規約をクリアできず、今回退団せざるを得なくなったようだ。クラブは公式ホームページで「本日、クラブと選手間で合意に達し、新たな契約を結ぶ明確な意思があったにもかかわらず、経済的、構造的な障壁の為に実現することができなかった」と綴っている。

 メッシは2004/05シーズンのデビュー以降、バルセロナ一筋のキャリアを築き上げてきた。昨季終了時点で公式戦778試合に出場し672得点305アシストを記録。もちろん、778試合出場、672得点、そして305アシストという数字はすべて、バルセロナ史上断トツのものとなっている。そして、17年間の在籍で実に35個ものタイトルをもたらしている。そんなレジェンド中のレジェンドが、満員のカンプ・ノウで、大きな拍手と歓声を浴びながらバルセロナを去ることができない。ルール上仕方のないこととはいえ、あまりにも悲しすぎる別れ方である。

 そのキャリアにおいて初めてフリーの身となったメッシの新天地候補にはマンチェスター・シティとパリ・サンジェルマン(PSG)があがっている。移籍金が発生しないとはいえ年棒などを考えると、やはりそれなりに資金力のあるクラブのみが獲得できるということになる。その中でも、プライベートでも仲の良いネイマールやレアンドロ・パレデス、アンヘル・ディ・マリアなどの南米出身選手が多く在籍し、コミュニケーションの面で溶け込みやすいであろうPSGへの移籍が最有力とされている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top