久保建英のプレーに表れていた“野心”とは…。ゴールは時間の問題、指揮官の要求もクリア【分析コラム】

2021年08月28日(Sat)11時28分配信

シリーズ:分析コラム
text by 加藤健一 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ラ・リーガ第3節、マジョルカ対エスパニョールが現地時間27日に行われ、1-0でマジョルカが勝利している。日本代表MFの久保建英は前節に続いて先発。ゴールには絡めなかったものの、存在感を示している。(文:加藤健一)

哲学をピッチに落とし込むマジョルカ

0828Kubo_getty
【写真:Getty Images】

 開幕から3試合で勝ち点7を得たマジョルカは、暫定順位ながら2位につけている。昨季のトップ5との対戦はまだないが、昇格クラブとしては最高のスタートを切ったと言えるだろう。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 迎えた第3節の相手は同じ昇格組のエスパニョールだった。敵将のビセンテ・モレノ監督は、久保建英がプレーした19/20シーズンまでマジョルカの監督を務めている。マジョルカにはモレノ監督の下でプレーしていた選手も多く残っており、両者の特徴は性格も含めて良く知っていることだろう。昨季は2部で相対し、エスパニョールはホームで0-0の引き分け、マジョルカはホームで1-2と敗れている。

 昨季からマジョルカを率いるルイス・ガルシア・プラザ監督は、試合前の会見で「リスクを取らなければいけない」と述べている。「いくつかの試合を落とすことになるが、全体で計算すれば常に高くつくだろう。これが我々のチームの哲学だ」。指揮官の言葉通り、マジョルカは自分たちのスタイルを押し出す戦い方を選んでいた。

 久保を含めた攻撃陣は、立ち上がりから積極的なプレーを見せていた。3分にはフェル・ニーニョが久保とワンツーでゴール前に侵入してシュートを放つ。21分には久保が右サイドからドリブルで切れ込み、スルーパスを供給。ニーニョのシュートはGKに防がれたが、大きなチャンスだった。

 ビジャレアルから期限付き移籍しているニーニョは、前節で途中出場からゴールを決めている。ニーニョにとって久保は一緒にプレーしたことのある数少ない存在で、両者の連係はゴールの可能性を生んでいた。

 相手を押し込むことに成功したマジョルカにとって、先制点は時間の問題だった。

1 2 3

新着記事

↑top