リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は左利きの選手を対象としたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。


5位:プレミア再挑戦の怪物FW

ロメル・ルカク
【写真:Getty Images】

FW:ロメル・ルカク(ベルギー代表/チェルシー)
生年月日:1993年5月13日(28歳)
市場価値:1億ユーロ(約120億円)
20/21リーグ戦成績:36試合24得点10アシスト(インテル)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 インテルのエースとしてセリエAで躍動したロメル・ルカクは、2年ぶりにプレミアリーグに帰ってきた。移籍金は9800万ポンド(約150億円)と報じられており、マンチェスター・ユナイテッド加入時の7500万ポンド(約110億3000万円)、インテル加入時の7400万ユーロ(約89億円)を上回るものとなった。

 チェルシーは18歳だったルカクをちょうど10年前に獲得したが、当時はディディエ・ドログバやフェルナンド・トーレスといったワールドクラスのFWをチームは抱えていた。ルカクはチェルシーでゴールを決めることはできなかったが、エバートンに居場所を見つけた。16/17シーズンはプレミアリーグで25得点を記録し、オフにユナイテッドに加入。その2年後にはインテルに移籍している。

 95という高い数字を出した「フィジカル」が最大の武器だが、他の能力も総じて高い。筋骨隆々な身体を持つルカクは「空中戦」やポストプレーに強さを発揮するだけでなく、サイドに流れて「スピード」で勝負することもできる。アントニオ・コンテ監督の下でプレーの幅を広げたルカクは、ワールドクラスのストライカーに成長している。

【次ページ】4位:疲れ知らずのSB

1 2 3 4 5

新着記事

↑top