メッシも機能不全…PSGの最強3トップはなぜ機能しなかった? 時間が解決してくれるのか…【欧州CL分析コラム】

2021年09月16日(Thu)11時33分配信

シリーズ:分析コラム
text by 加藤健一 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1節、クラブ・ブルージュ対パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間15日に行われ、1-1の引き分けに終わった。リオネル・メッシ、キリアン・ムバッペ、ネイマールの最強3トップが初めてそろい踏みすることとなったが、1得点のみに留まった。3人のスターの初共演は、なぜ機能しなかったのだろうか。(文:加藤健一)


3トップがPSGで初共演

0916MessiNeymarMbappe_getty
【写真:Getty Images】

 リオネル・メッシがラ・リーガの規定によりバルセロナとの新たな契約を結べず、パリ・サンジェルマン(PSG)に加入した。バルセロナ時代の盟友だったネイマールと再会しただけでなく、今後のサッカー界を担うであろうキリアン・ムバッペとの共演も実現。ムバッペはレアル・マドリードへの移籍も噂されていたが、PSGが拒絶したことで残留。運命に導かれるように、最強の3トップが結集することとなった。

 ネイマールとメッシがコパ・アメリカ(南米選手権)の決勝まで戦った影響で、2人のチームへの合流は遅れた。ムバッペはリーグ・アン開幕戦から5試合すべてに先発しているが、ネイマールは先月29日のスタッド・ランス戦で今季初先発し、メッシはネイマールと交代する形で66分にピッチに立った。

 代表ウィークを挟んで行われた今月11日のクレルモン・フット戦に出場したのはムバッペだけだったが、この日のクラブ・ブルージュ戦でついに3人が共演することとなる。PSGのスタートポジションは4-3-3で前線は右からメッシ、ムバッペ、ネイマールという並びだった。

 PSGの先制点は15分に生まれる。左に流れたムバッペは、鋭い切り返しから縦に突破する。グラウンダーの折り返しにアンデル・エレーラが走り込み、左足で合わせてゴールネットを揺らした。

 それまでの内容が決して良かったわけではないが、PSGはいい時間に先制することができた。しかし、1点をリードしたPSGはこれ以降、苦しむこととなる。

1 2 3

新着記事

↑top