リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は「パス」にフォーカスしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

5位:マンUの絶対的司令塔

スライド1 (19)
【写真:Getty Images】

MF:ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1994年9月8日(27歳)
市場価格:9000万ユーロ(約108億円)
20/21リーグ戦成績:37試合出場/18得点11アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 イタリアでの武者修行を終え加入した母国の強豪スポルティングCPで王様となり、数々のビッグクラブから注目を集めることになった。そして、2020年冬に名門マンチェスター・ユナイテッドへ移籍。これが自身初のビッグクラブ挑戦ということになったが、合流から間もなくして超ハイパフォーマンスを披露するなど、ここでも一気に王様的存在に。今や世界最高峰のMFとして称賛を浴び続けている。

「パス」が最大の武器だが、1試合における成功率自体はあまり高くない。一部報道によれば、それが原因でユナイテッドは獲得になかなか乗り出せなかったとも言われている。しかし、それでもこの男がパサーと呼ばれるのは、いわゆる“勝負球”が非常に多いからだ。ボールを受ければ必ずと言っていいほど前を向き、狭いコースにも迷わず鋭い縦パスを差し込み味方を活かす。成功率は決して高くないかもしれないが、これを継続するからこそ、彼は多くの決定機を演出することができるのだ。

 このポルトガル代表MFがボールを持つと、必然的に周りの選手のアクションが良くなっているように見える。それは、動けば必ずそこを見つけ「パス」を出してくれるという背番号18に対する絶対的な信頼の表れと捉えてもいいだろう。ユナイテッドがプレミアリーグ王者、そしてチャンピオンズリーグ(CL)王者に返り咲くため、まだまだこの男の力が必要だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top