リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は「パス」にフォーカスしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20位:ブラジルの至宝

スライド1 (39)
【写真:Getty Images】

FW:ネイマール(ブラジル代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1992年2月5日(29歳)
市場価格:1億ユーロ(約120億円)
20/21リーグ戦成績:18試合出場/9得点6アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サントスで10代の頃から世界にその名を轟かせたブラジルの天才ドリブラー。2010年に同クラブをコパ・リベルタドーレス優勝に導き、2013年にバルセロナに移籍を果たした。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスと世界最強の3トップ “MSN” を結成。圧倒的な攻撃でリーグ3連覇やUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した。そして2017年、史上最高額となる2億2200万ユーロ(約226.4億円)でパリ・サンジェルマン(PSG)に加入した。

 凄まじい「テクニック」と「スピード」で相手のプレスを無力化する「ドリブル」は世界最高峰。トップスピードでのドリブルはもはやファール無しでは止められない。アタッキングサードからの攻撃を1人で完結できるネイマールは、ドリブルやゴールだけでなく、正確かつ創造性溢れるテクニカルな「パス」でアシストも量産する。今のフランスではメッシ以外にこの男の右に出る者はいない。

 リーグ1で圧倒的な強さを見せるPSGは、無双するネイマールを中心に国内の様々なタイトルを獲得しているが、唯一CLの優勝が出来ていない。19/20シーズンには決勝戦まで駒を進めたがあと一歩が届かかず、優勝を逃している。しかし、今夏はリオネル・メッシ、セルヒオ・ラモスといったスター選手ら獲得。もはやPSGに死角はない。PSGの背番号10が悲願のCL優勝に向けてチームを牽引する。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top