Jリーグベストプレーヤー5選。土壇場で劇的決勝弾! 川崎フロンターレを勝利に導いたのは…【週刊】

2021年09月29日(Wed)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 明治安田生命Jリーグは終盤戦に入り、各ディビジョンで熾烈な競争が繰り広げられている。直近1週間では誰が目覚ましい活躍を披露したのだろうか。フットボールチャンネル編集部では、2021年9月22日から28日にかけて開催されたJ1、J2そしてJ3のリーグ戦を対象にベストプレーヤー5人を選出した(※成績・記録は2021年9月28日時点のもの)。

低迷ガンバを救ったシンボル

宇佐美貴史
【写真:Getty Images】

宇佐美貴史(ガンバ大阪/FW 39)

生年月日:1992年5月6日(29歳)
今季リーグ戦成績:30試合出場/4得点2アシスト
今週の成績:柏レイソル戦(90分出場/1得点1アシスト)


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サッカーの内容も結果もともなわず低迷するなか、残留争いの重要な一戦でガンバ大阪を救ったのはFW宇佐美貴史だった。開始3分、生え抜きの背番号39は左サイドから低い弾道の直接フリーキックを決めてガンバに貴重な先制点をもたらす。

 さらに26分、今度は右サイドからのロングフリーキックで精度の高いボールを供給し、DF菅沼駿哉の追加点をアシスト。宇佐美は1得点1アシストの活躍で、6ポイント分の価値を持つ勝ち点3獲得に貢献した。これがチームの復調へのきっかけとなるだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top