横浜FCが鹿島撃破で残留に望み繋ぐ。柏レイソルとベガルタ仙台はドロー【J1第31節結果】

2021年10月02日(Sat)18時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】



 明治安田生命J1リーグ第31節の試合が2日に各地で開催されている。17時キックオフのカードとしては2試合が行われた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ACL出場権争いを続ける鹿島アントラーズはホームで横浜FCと対戦。だが前節のダービーマッチでも大激戦の末にドローを演じた最下位チームがまたしても上位相手に意地を見せる。

 前半17分には瀬古樹がエリア手前左から左足で壁の上を抜く完璧な直接FKを決めて先制点。42分にも右CKからニアで高橋秀人が触ったボールをジャーメイン良が押し込み、横浜FCが2点のリードで前半を折り返した。

 後半開始からわずか39秒後には、荒木遼太郎からのクロスに中央で合わせた上田綺世が今季12点目を頭で決めて鹿島が1点差に詰め寄る。だがその後の反撃を耐え抜いた横浜FCが2-1で5試合ぶりの勝利を収め、暫定で最下位を脱出する結果となった。

 ともに2連敗中の柏レイソルとベガルタ仙台は前半10分、アウェイの仙台が先制。赤崎秀平からのスルーパスを受けた富樫敬真が巧みに抜け出してゴール右へのシュートを突き刺した。

 柏も後半に反撃を繰り出し、67分にはCKに合わせた三丸拡のヘッドが惜しくもポストへ。78分にはエリア手前でこぼれ球を拾った神谷優太が左足で2試合連続となるゴールを突き刺し、1-1の同点とする。そのまま勝ち点1を分け合う結果となった。

【了】

新着記事

↑top