世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング16位~20位。”神童”が続々と登場…。1年間で94億円UPのスペイン人最高額MFとは?【2021年最新版】

2021年10月04日(Mon)6時00分配信

シリーズ:市場価値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

20位:前線へのコンバートが大成功したスペイン代表

20211003_arcos_getty
【写真:Getty Images】

MF:マルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリード/スペイン代表)
生年月日:1995年1月30日(26歳)
市場価格:8000万ユーロ(約104億円)
20/21リーグ戦成績:37試合12得点11アシスト
21/22リーグ戦成績:7試合0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 近年で最もコンバートに成功した選手かもしれない。レアル・マドリードの下部組織出身のジョレンテは、アトレティコ・マドリードに加入した当初も守備的MFとしてプレーしていた。

 90分間、運動量の落ちないスタミナと献身的なプレーでチームに貢献することができるジョレンテは、前線からのハイプレスを期待されて、2019/20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)リバプール戦でセカンドトップとして起用された。この試合で2ゴール1アシストと大活躍したこともあり、それ以降、前線でのプレーが急増。ワイドの選手顔負けのスプリント力もあるため、スペイン代表では右SBで起用されたこともある。

 2020/21シーズンはよりゴールに直結するプレーが増え、ラ・リーガではセルタのイアゴ・アスパスと共にシーズン二桁ゴール二桁アシストを記録。絶対的な主力として、チームの7年ぶりのリーグ戦優勝の立役者となった。

 19年夏にアトレティコ・マドリードに加入した当時の市場価値は2000万ユーロ(約26億円)であったマルコス・ジョレンテ。その後、新型コロナウイルスの影響もあって20年4月には1600万ユーロ(20億8000万円)まで下落した。その後、ポジションを前線に上げ、ゴールとアシストという目に見える結果を残したことで価値が急騰。2020/21シーズン終了時点には、スペイン選手で最高額タイとなる8000万ユーロ(104億円)まで市場価値が上昇した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top