本来いるはずの長友佑都がなぜか…。日本代表は偶発的なチャンスだけ。3戦1得点の攻撃陣の現状は…【西部の目/W杯アジア最終予選】

2021年10月08日(Fri)9時36分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


再現性のある攻撃はほぼなし

 緊迫した接戦ではミスが明暗を分けることが多い。ミスをしたのは日本代表のほうだった。

 柴崎の吉田麻也へのバックパスがずれて、相手FWへのラストパスのような形になってしまった。前半は素晴らしいプレーぶりだった柴崎はなぜか後半にミスを繰り返していた。50分には中盤でボールを失ってサウジアラビアの決定機になったが、このときは権田のファインプレーで救われた。ところがその後も自陣でドリブルを奪われるミスがあり、最後は失点につながるバックパスとなった。

 先制されたのは痛かったが、それ以上に後半は決定機を作れていない。相手ボールを奪ってのショートカウンターはできるが、再現性のある攻め込みがほとんどなかった。

 攻め込みの形は南野が左サイドからハーフスペースに入って鎌田と並ぶ。ところが、そのときに左サイドで幅をとる選手がいないため、相手の守備も中へ絞り込んでしまう。

 右は浅野がいるが、左は外側が無人状態だった。本来ならそこにいるはずの長友はなぜか後方に待機。長友を上げる時間が作れていないのなら、南野の中へ入るタイミングが早すぎる。

1 2 3

新着記事

↑top