今日が最大の山場? Jリーグ残留争いの行方は…。ガンバ大阪、清水エスパルスも危険、下位5チームは大混戦に

2021年10月23日(Sat)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

14位・ガンバ大阪と15位・清水エスパルス、残るは強敵ばかり…

1023MatsunamiLotina_getty
【写真:Getty Images】



 ガンバ大阪は降格圏から6ポイント離れているが、依然として油断は許されない状況だ。今節で現在7位の鳥栖と対戦した後は、横浜F・マリノス、川崎フロンターレとの対戦が残されている。

 最終節では残留を争う湘南ベルマーレと対戦。下位7クラブの中で、川崎F、横浜FMの両方と対戦するのはG大阪のみ。勝ち点を伸ばせなければ、最終節が残留を決める大勝負になる可能性もある。

 G大阪は7試合連続で失点しており、その間わずか1勝しかできていない。直近の浦和レッズ戦では東口順昭のスーパーセーブもあり勝ち点1を掴んだが、守備陣の整備はJ1に生き残るための必須条件になるだろう。

 清水エスパルスは今節で川崎Fと対戦する。残りの6試合はすべて順位が上の相手との対戦になる。残留を争う直接対決が1試合もないのは数字上不利で、負けが込むようだとライバルに抜かれる危険性もある。G大阪同様に守備陣の整備は必要で、12試合連続で失点しているディフェンス面がカギを握る。

1 2 3 4 5 6 7

新着記事

↑top