オランダ代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 2大会ぶりのW杯出場へ…老将の下で若手とベテランの融合なるか?

2021年10月27日(Wed)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

年のブラジルワールドカップで3位入賞を果たしたオランダ代表だが、2016年のユーロ(欧州選手権)、2018年のロシアワールドカップと2大会連続で国際大会の出場を逃した。18年にロナルド・クーマンが代表監督に就任すると、フレンキー・デ・ヨングら若手が台頭し、19年に行われたUEFAネーションズリーグでは準優勝。今夏に行われたユーロ2020でもグループステージを突破し、暗黒期を脱しつつある。ユーロ終了後にはルイス・ファン・ハールを3度目となる代表監督に招聘。14年のワールドカップで3位に導いた老将に、来年に迫るカタールワールドカップ出場権獲得を託した。今回は、そんなオランダ代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2021年10月11日のジブラルタル代表戦終了時のもの)。


GK紹介

20211026_オランダ(GK)_getty
【写真:Getty Images】

ユスティン・バイロウ(フェイエノールト)
生年月日:1998年1月2日(23歳)
オランダ代表戦績:5試合/2失点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ユーロ2020(欧州選手権)敗退後、ルイス・ファン・ハールが3度目となるオランダ代表監督に就任した。その中で新たに正GKに抜擢されているのが、23歳のユスティン・バイロウだ。フェイエノールトの下部組織出身で、オランダの各年代別代表で正GKを務めてきた。

 ユーロ2020ではマールテン・ステケレンブルフ、ティム・クルル、マルコ・ビゾットの3選手が招集されており、いずれも30歳超えとGKの高齢化が課題であった。ファン・ハールは早速GKの若返りに着手し、就任初戦にバイロウを初招集。以降、現在まで5試合連続でスタメン出場しており、久々に若手GKがオランダ代表のゴールマウスを守っている。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top