Jリーグ
【写真:Getty Images】



 明治安田生命J2リーグ第37節の試合が3日に各地で開催されている。今節の結果により、上位2チームはJ1昇格に向けてまた一歩前進した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前節まで13試合連続無敗で首位を走る磐田は、逆転昇格へのわずかな希望を繋ぎたい6位アルビレックス新潟とアウェイで対戦。得点ランキング首位のルキアンが64分に1点を奪い、1-0で勝利を収めた。

 磐田と2ポイント差で2位の京都サンガF.C.はホームで大宮アルディージャと対戦。後半アディショナルタイムの96分に川﨑颯太が値千金の劇的決勝ゴールを挙げ、こちらも1-0の勝利を飾っている。

 3位につけていたヴァンフォーレ甲府はホームでのファジアーノ岡山戦に1-2で手痛い黒星。ザスパクサツ群馬に4-1で快勝したV・ファーレン長崎が3位への浮上を果たしたが、2位京都とは10ポイントの開きがある。

 J2残留争いではFC琉球に2-0の勝利を収めたレノファ山口FCが残留へ大きく前進。他のチームは敗戦やドローで大きく勝ち点を伸ばすことはできなかった。夜にはツエーゲン金沢と愛媛FCが重要な直接対決で激突する。

 磐田と京都は7日に行われる次節、磐田のホームで首位攻防戦。この試合と3位以下の結果次第では、次節で昇格決定チームが出る可能性もある。

▽J2第37節
相模原 0-1 秋田
山形 1-2 東京V
水戸 0-0 北九州
栃木 0-1 千葉
町田 3-2 松本
甲府 1-2 岡山
新潟 0-1 磐田
京都 1-0 大宮
山口 2-0 琉球
長崎 4-1 群馬
金沢 vs 愛媛(18時)

【了】

新着記事

↑top