古橋亨梧は試合に出れば結果も出す。ELで2試合連発、それでもポステコグルー監督が懸念することとは?【EL分析コラム】

2021年11月05日(Fri)13時18分配信

シリーズ:分析コラム
text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第4節が現地4日に行われ、アウェイに乗り込んだセルティックはハンガリー王者フェレンツバロシュに3-2で勝利を収めた。グループステージ突破の可能性を残すために重要な一戦で、セルティックに所属するFW古橋亨梧は1得点1アシストの大活躍。改めて監督やチームメイトたちからの信頼に応えるパフォーマンスで勝利に貢献した。(文:舩木渉)

タッチ数がチーム最少でも1得点1アシスト

古橋亨梧
【写真:Getty Images】

 まさに電光石火の一撃だった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第4節が現地4日に行われ、フェレンツバロシュ戦に先発出場したセルティックの古橋亨梧は開始3分に先制点を挙げた。

 相手の安易なバックパスをインターセプトしたFWリエル・アバダが、そのままドリブルでペナルティエリア手前までボールを運び、DFのスライディングをかわしつつ左にパスを送る。それを受けた古橋は、巧妙なキックフェイントで足もとに飛び込んでくるDFを置き去りにし、左足一閃。

 完全にタイミングをずらされたフェレンツバロシュのGKボグダン・アダムはシュートに反応できず、見送るしかなかった。アバダのボール奪取から約6秒間でフィニッシュまで持ち込む理想的なショートカウンターだった。

 その後、セルティックは2失点を喫したものの、23分にFWジョタ、60分にはアバダがゴールネットを揺らして3-2の勝利を収めている。アウェイで貴重な勝ち点3をつかみ、2連勝でグループステージ突破に望みをつないだ。

 古橋は絶妙なスルーパスでアバダのゴールをお膳立てし、1得点1アシスト。70分間のプレーでタッチ数はスタメンに名を連ねた選手の中で最も少ない「24回」でも、限られたプレー回数の中で確実に結果を残す。1勝2敗という苦境で迎えた決勝トーナメント進出に向けて重要な一戦で、先発起用という期待に応える活躍を披露して連勝に大きく貢献した。

1 2 3

新着記事

↑top