日本代表は11日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選でベトナム代表と対戦する。すでに2敗を喫した日本代表はこの試合の勝利が必須。負けられない一戦に森保一監督はどのようなメンバーで臨むのか。ベトナム戦の予想スタメンとフォーメーションを紹介する(※情報は11月10日時点)。

GK

2021-10-12-gonda_getty
【写真:Getty Images】

権田修一(清水エスパルス)
生年月日:1989年3月3日
日本代表通算成績:26試合13失点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表に長く名を連ねている川島永嗣、東京五輪でその実力を証明してみせた谷晃生と実力者が揃う中で、現在正GKに君臨するのが権田修一だ。この正守護神は、2013年のFIFAワールドカップブラジルに向けたアジア最終予選以来、8年ぶりのアジア最終予選に挑んでいる。

 9月から行われているアジア最終予選全試合に先発出場している権田は、オマーン代表戦で終了間際に失点したものの、中国代表戦では安定したパフォーマンスで相手をシャットアウト。危ない場面も全くなく、アジア最終予選初勝利に貢献した。

 しかし、先月行われたサウジアラビア代表戦に敗れ、早くも2敗目。勝利が必須のオーストラリア代表戦では失点こそしたものの、何度も好セーブを見せ、勝利に貢献している。現在グループBで4位とW杯出場圏外に沈む日本代表はもう負けられない。11日に行われるベトナム代表戦でも好セーブを見せ、日本代表を勝利に導けるだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top