日本人サッカー選手歴代移籍金ランキング46~50位。怪我がなければ… 日韓W杯で落選、活躍が期待された天才レフティーは…

2021年11月22日(Mon)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で移籍金の高い歴代日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※移籍金は11月2日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

50位: Jリーグ屈指の偽サイドバック

1119-山中
【写真:Getty Images】

DF:山中亮輔(日本/浦和レッズ)
生年月日:1993年4月20日(28歳)
クラブ:横浜F・マリノス→浦和レッズ
移籍日:2019年1月10日
移籍金:160万ユーロ(約1.9億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 柏レイソルの下部組織在籍時、各世代別代表に選出された山中亮輔は、2012シーズンの最終節でJリーグデビュー。しかし、なかなか定位置を確保できず、2014年にジェフユナイテッド千葉にレンタル移籍した。

 ジェフユナイテッド千葉でスタメンに定着し、リーグ戦23試合に出場した山中は翌年に柏レイソルに復帰。当時指揮していた吉田達磨監督に期待を寄せられたが、リーグ戦出場は11試合に止まった。その後も定位置を確保できなかったこのDFは、2017年に横浜F・マリノスに移籍。すると、ついに才能が開花した。

 怪我で開幕戦には出遅れたが、第15節でスタメンに抜擢されると、そのまま定位置を確保。2018年にアンジェ・ポステコグルー監督が就任すると、果敢な攻撃参加だけでなく、ボランチの脇にポジションを取ってポゼッションに関与。Jリーグ屈指の偽サイドバックに成長した山中は、2019年に160万ユーロ(約1.9億円)で浦和レッズに加入した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top