なぜか…ブラジルワールドカップで輝けなかった5人の名手。あまりにも残念…何もできなかった10番にミス連発の名GKも

2021年11月25日(Thu)7時00分配信

シリーズ:ワールドカップで輝けなかった5人の名手
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

FIFAワールドカップにはこれまで数多くの選手が出場してきた。しかし、4年に1度の大舞台で輝きを放つことができる者はほんの一握り。世界の誰もが知る選手でさえ苦労を強いられてしまうことが珍しくない。今回は2014年に開催されたブラジルワールドカップで、期待されながらも残念ながら活躍できなかった名手を5人紹介する。

シュートすら満足に打てず…

香川真司
【写真:Getty Images】

MF:香川真司(元日本代表)
生年月日:1989年3月17日
ブラジルワールドカップ成績:3試合0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2010年南アフリカワールドカップ終了後、日本代表の監督にはアルベルト・ザッケローニが就任した。かつてミランなどでも指揮を執った名将は、2011年にチームをAFCアジアカップ優勝へと導くと、その後も攻撃的サッカーを展開してフランス代表、オランダ代表、ベルギー代表といった世界の強豪と互角の戦いを繰り広げる。ブラジルワールドカップへ向け、期待感は高かった。

 しかし、日本代表はグループリーグ初戦のコートジボワール代表戦で逆転負け。2戦目のギリシャ代表戦では1点も奪えず、スコアレスドローに終わった。そして、背水の陣で臨んだグループ最終節コロンビア代表戦はハメス・ロドリゲスに躍動されてしまい、1-4で大敗。期待感の高かったザックジャパンは、結果未勝利でブラジルを去ることになった。

 そんなチームにおいて低パフォーマンスに終始していたのが香川真司だ。10番を背負った同選手はコートジボワール代表戦でパスミスやボールロストを繰り返すだけでなく、シュート0本と沈黙。続くギリシャ代表戦はスタメン落ちし、途中出場こそしたが、ここでもシュートを打てなかった。そして、コロンビア代表戦でも決定的な仕事は果たせず。あまりにも残念な内容と言わざるを得なかった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top